ガジェットとゲームのブログ

おしゃれギークへの道

APEX ゲーム

「Apex Legends」がめちゃくちゃ面白い!バトロワは3強時代へ突入するのか!?

投稿日:2019年2月7日 更新日:

引用:https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends

みなさんこんにちは!

夜中3時までapexをやって翌日フラフラで働いたまろきちです!

新作バトルロイヤル「Apex Legends」もう遊びましたか?

チーム戦を重視した、スピード感のあるバトロワという感じで、僕はすっかりハマってしまいました

かなり有力なバトロワゲーになる予感ですが、遊んでみた雑感を書いていきたいと思います!

「Apex Legends」とは?

「Apex Legends」とは、EAが放ったバトルロイヤルゲーム

チームは3人組で、60人のプレイヤーが 全20チームに分かれて優勝を争います!

ゲーム開始時に選ぶキャラクターは、それぞれ固有のスキルを持っていて
個々のスキルを活かしながら、仲間と協力して優勝を目指す、独特の楽しさのあるバトロワです!

世界観

レーザー銃や射出式のジップラインが出てくるなど、近未来戦という雰囲気です!

ちなみに、有名シリーズ「タイタンフォール」の世界観を引き継いでいるとかなんとか

恥ずかしながら、僕はタイタンフォールシリーズは未プレイなので、この機会にやってみたいなーとか思いつつ・・

しばらくは、Apexで忙しくて無理かもしれません!

「Apex」の魅力

さて、そんなApexの魅力を語っていこうかと思います!

3人チームのバトロワ!

引用:https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about

apexは、3人チームで戦うチームプレイを重視したバトロワゲーです!

これは、個々の力がフューチャーされる他のバトロワとは違った特徴で

スキルで味方のフォローをしたり、敵を挟み撃ちにして倒したりする動きが決まると気持ちよく、病みつきになります!

チーム戦ならではの魅力ですね!

あとは、ゲームスタート時の降下システムが深いです

Apexでは、ゲームスタート時に飛行船から降下するとき、パーティーから1人選ばれるジャンプマスターが降下地点を選びます

残りのメンバー2人は、自動的にジャンプマスターについていくことになります。

ちなみに、途中で別れることもできる

これによって、基本的にチームの3人が同じ地点に降りるようになってるわけです。

バトロワゲーでは、初心者などが謎の地点に降りてパーティーがバラバラになり、開幕からめちゃ不利になる展開がよくありますが

この問題をシステムから解決したのがapexの降下方法なんですね

仲間とまとまって戦えるのが、すごく快適です!

降下方法1つとっても、apexが味方との協力に主軸を置いていることがわかりますね!

復活あり

Apexには復活システムがあります

敵にやられてしまうと、まずダウン状態になりますが
この状態からだと、味方の蘇生を受けて、ゲームに復帰することができます

ちなみに、 もしダウン状態でやられてしまっても、まだ諦めるのは早いです!

自分の死体を味方に回収してもらい、復活ポイントまで運んでもらうと、 復活することができます!

復活ポイント

復活チャンスがめちゃ多いんですね!

このチャンスがあるおかげで、やられてしまった後も、自分の復活を期待しながら観戦をすることができ、ゲームの最後まで退屈しないのです!

apexは、ゲームの始まりから終わりまで、退屈や間延びをなくすことに、かなり力を入れていると思います。

一試合の時間が短く、テンポがいい!

テンポの良さは、ゲームの重要な要素の一つですよね!

展開によりますが、Apexは1試合だいたい15〜25分です!

キャラ移動が速く、エリア収縮も早めなので、ゲーム展開が早いです

やられても 「ハイ次!」  という感じで、サクサク遊ぶことができるので、ストレスなく遊ぶことができます!

やめ時を見失って、深夜までやってしまうのが、痛いところですね!笑

スキルが楽しい!

スキルの使えるバトロワは、新鮮な感覚です。

僕のお気に入りは「パスファインダー」で、スキルで長いジップラインを置いて、高速移動することができます。

一気に移動できるので、エリアに急いだり、敵チームとの距離を詰める時にめちゃ便利!

他にも、シールドを張ったり、ワープホールを作ったりと・・

もしプレイがうまくなくても、スキルによってチームに貢献ができるという点がとてもいいと思います!

例えば、看護師である「ライフライン」を選べば、味方を回復させたり、復活させたりできます。

たとえ敵を倒せなくても、味方に貢献すれば感謝してもらえるし、十分楽しむことができると思います!

強い味方が来てくれれば、しっかりサポートして優勝も狙えます

「Apex」の不安要素

楽しいApexですが、多少の不安要素もあります・・・

3人プレイのチーム戦なところ

チーム戦は、デメリットもいくつかあります。

まず、ソロで入るとどうしても味方運に戦績が左右される点です。

チーム戦のゲームの宿命ですが、チーム内での実力差が激しいと、ストレス要因になります。

バトルパスによる、チャレンジ等の追加。

apexですが、将来的にシーズン毎のバトルパスが導入される予定だそうです!

パス自体は楽しみですが、無茶なチャレンジが追加されたりすると、愉快ではない展開になり得ます。。

チャレンジ目的で1人で別地点に降りる、武器をピストルしか持たなくなる。敵を素手で殴り始める。とか笑

このように 、チャレンジは内容によってはゲームをつまらなくさせてしまう可能性があります。

この辺は、運営が工夫して何とかしてくれる事に期待です!

回線の不具合?

フレンドとプレイしていた時、何度かフレンドの回線が落ちてしまう事がありました。

あとは、ゲーム開始タイミングにはいたはずの仲間がいなくなってたり、、

フレンドの回線の問題かもしれないですが、
他のゲームをプレイしている時は、起きていないので

Apex人気の爆発っぷりによるサーバーの過負荷が原因かもしれません。

この点は、今後は改善されていくと思っています!

フォートナイト・PUBGに追いつけるのか!?

億単位で登録プレイヤーがいる上記2ゲームですが、はたしてapexが追いつくことはできるのか?という話。

プレイヤー数

ここでは、基準としてプレイヤー数でみていきましょう。

さっと検索してみると

フォートナイトが2億人
PUBGが4億人という記事を見つける事ができました!

どれだけ信用に足る数値かは置いておいて、ひとまずの参考にはなると思います。

さて、問題のApexですが、このような記事がありました!

1日で250万人!?ものすごい勢いですね!

しかしまぁ、この勢いを保ち続けたとしても、

技術力の低さが露呈

フォートナイトに届くのに80日、PUBGは160日・・・

遠すぎる。まじで化け物だ・・・

この勢いを保つのはさすがに難しいと思うので、トップに追いつけるとしても、時間はかかりそうですね!

2019/2/12追記

1週間で2500万人だそうです!一日250万ペース軽く超えてて驚いてます。。

まじで覇権あるかもしれませんね!

話題性

しかし「Apex」の勢いは上記2タイトルに負けていません

TWITTER

2019/2/7日22時現在、ツイッターで過去一時間につぶやかれた回数

  • ApexLegends 2120回
  • Fortnite 2210回
  • PUBG 1920回

並んでますやん!完全に!

TWITCH

一過性のモノかと思って取り上げてなかったんですが、2019年2月12日22時現在、twitchでの視聴者数はこんな感じです!

3倍!?

いや、多すぎでしょ・・・笑

圧倒的に話題になっていることがわかりますね!

ゲーム内容が面白く、話題にもなる

Apexには、トップに追いつけるポテンシャルがあるのは間違いありません!!

今後のアップデートと、大会の盛り上がり次第で、相当な躍進をしそうですね!

Apexの今後がめちゃくちゃ楽しみです!

それでは!

-APEX, ゲーム

Copyright© おしゃれギークへの道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.