ガジェットとゲームのブログ

おしゃれギークへの道

ガジェット 自作PC

LightingService(32ビット)とかいうプロセスがCPUを使ってしまうときの対処法

投稿日:

こんにちは!

今日は、LightingService(32ビット)というプロセスの話です。

先日、FORTNITEをプレイしていると、普段よりもPCの動作が重い状態になりまして。

タスクマネージャーを開いてみたらなんと、LightingService(32ビット)とかいうよくわからないプロセス15%以上CPUを使用していました!

ゲームなどの重い処理でもない、よく知らないプロセスが15%もCPUを使っているというのは、異常事態です。

というわけで、調べてみました!

LightingService(32ビット)のCPU使用率を下げるには?

検索してみると、英語版のROGの質問掲示板に、こんなスレッドがありました!

AURA Lighting Service using high CPU resources - ROG - Asus

ROGライティングをつかさどるアプリ「AURA」の、昔からあるバグらしいです。

動的な照明効果の設定をしていると、まれに発生するようです。

僕は、照明効果を「グラデーション」に設定していました。

グラデーションに設定していた

「照明効果を静的な効果に変えると、CPU使用率が下がる」とのコメントがあったので

照明効果を「常に点灯」にすると、すぐにCPU使用率は1%未満になりました!

ちょっと照明はさみしくなってしまいますが、CPU使用率が気になる方は、照明効果を「常に点灯」にしておくといいと思います!

ライティングの機能でこんなにCPUを使うよりも、ゲームなどの本来の目的に使ったほうが有意義ですよね。

(ライティングが本来の目的であるなら、いいと思いますが・・・)

AURAの設定変更以外の対処法

ちなみに、設定変更しなくても、この問題に対処する方法はあります!

それは、PCを再起動することです。

こちら、何らかの条件がそろったときに再現するタイプのバグのようなので、PC再起動してしまえばCPU使用率は低い水準に戻ります。

もちろん、再発の可能性はあるので「常に点灯」に設定しておくに越したことはないですが。(僕はそうしました)

「再発の可能性があっても、ライティングを楽しみたいんだ!」

という方は、PC再起動で対処するのもありだと思います!

それでは!

本記事はいかがでしたか?
細々とtwitterもやってますので、ブログが気に入ったらフォローしてもらえると嬉しいです!
アカウント→(@marokiti001)

-ガジェット, 自作PC

Copyright© おしゃれギークへの道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.