ガジェットとゲームのブログ

おしゃれギークへの道

APEX Fortnite ガジェット 自作PC

【2019年】コスパ最高のBTOゲーミングPCは?PC屋店員とPC自作マン2人でガチで選んでみた!【フォートナイト・APEX 高設定】

投稿日:

前回の中設定に続き、今回はグラフィック高設定以上でフォートナイト・APEXをプレイしたいときにおすすめのBTOPCを紹介します!

PS4などにない、ゲーミングPCの最大の長所が高画質・高フレームレートでのプレイですね!

高性能なゲーミングPCを購入すれば、その長所を存分に楽しめます!

しかし、ゲーミングPCを買うときは、正しい知識を持っていないと割高なものを買ってしまいがち・・・

特に、高性能になるほど値段も高くなるので慎重に選ぶ必要があります。

この間友達がゲーミングPCを買うということで、ちょっと仲間内でコスパのいいBTOパソコンについて議論したので、その結果をブログで共有します!

PC自作マンの僕が、秋葉原のPC屋店員の友人と徹底討論して出した2019年版コスパ最高のゲーミングPC(高設定編)を紹介します!

低~中設定で遊びたい方はこちら!
ゲーミングPCを選ぶときのポイントなども書きました!
コスパ最高のBTOゲーミングPCは?PC屋店員とPC自作マン2人でガチで選んでみた!【フォートナイト・APEX 中設定】

では早速、紹介していきます!

高~最高設定で遊ぶ場合のゲーミングPCの性能

高設定以上で遊ぶ場合、グラフィックボードやCPUには十分な性能が必要です。

僕は、RTX2070というグラフィックボードを使っていますが、フォートナイトで画質設定「エピック」、APEXで高設定で快適に遊べています!

必要なのはこれくらいのスペックです!

推奨のスペック

CPU:Core i7-9700k
グラボ:RTX2070

CPUに関しては諸説あると思いますが、コスパを求めるならグラボは性能・価格のバランスがいいRTX2070で決まりです!

グラボ

高性能グラフィックボードの中で、現在最もコスパがいいのがRTX2070です!

RTX2070が6万円前後なのに対し、RTX2080は9万前後、RTX2080tiに関しては、15万円以上します。

グラボをワンランク上げるとゲーミング性能も1~2割ほど上昇するのですが、RTX2080以上は現在主流のHD画質では正直オーバースペックです。

グラボを上げていくと、ゲームのリフレッシュレートが上がりますが

リフレッシュレートは144Hz出ることが対戦ゲームにおけるひとつのラインとなっており、RTX2070で十分出せます

それ以上出そうとすると、モニターも高級機に・PC本体の排熱も強化・CPUもより強く・・・とコストがかかり、得られる効果は薄くなっていきます。

なので、コスパを求めるのであればバランスの取れたRTX2070搭載のゲーミングPCがおすすめです!

CPU

ゲーミングPCにおけるCPUは、グラフィックボードの足を引っ張らない性能が求められます。

僕は、CPUはCorei7-9700k を使っていますが、CPUがボトルネックになっている感はゼロです。

PC屋店員の友人曰く、RTX2070に合わせるならばCorei7-9700kがラインとのことでした。

1世代前の、8700Kでも大きく劣ることはないそうですが、現在BTOで主流になっているのは9700kなので、こちらを選んでおけばオッケーです!

おすすめのBTOパソコンは?

以上を踏まえて、コスパのいいBTOパソコンを選んでみました!

2019年現在、BTOパソコンをコスパで見るならドスパラツクモの2強です。

その中でも、PCの性能に注目するなら、圧倒的にドスパラのコスパがいいですね。

そして、この2つのサイトを見て、PC自作マンの僕とPC屋店員の友人で議論した結果
高設定で遊ぶ場合一番コスパがいいのはこのPCという結論に至りました!

GALLERIA XF

GALLERIA XF

一番のおすすめ!GALLERIA XF

スペック

  • CPU:Corei7-9700k
  • グラボ:RTX2070
  • メモリ:8GB(16GBにアップグレード推奨)
  • ストレージ:512GB SSD(M.2) + 2TB HDD
  • OS:Windows 10 Home 64bit

まさにこれが欲しいという性能。とりあえず快適にゲームを遊びたいなら、これを選べば間違いないです!

売れ筋No1らしいですが、売れている理由がよくわかりますね。

PCケースも、上部にファンがつけられる排熱性能の高いものです。このレベルのCPU・グラボでは排熱が気になり始めますが、そちらもしっかりケアされていますね!

標準でも問題ないですが、熱を持つとパーツの寿命が短くなったり、ゲームが安定しなかったりするので、熱対策に力を入れたい方は「トップケースファン」などを追加するといいと思います!

1つだけ注意してほしいのは、メモリが標準8GBであることです!

メモリ8GBでは、メモリが足を引っ張ってせっかくのゲーミング性能を生かしきれません。メモリだけは絶対に16GBにアップグレードするようにしましょう!

(APEXをプレイしているとき測ったら、常にメモリ10GB くらい使っていました。不足するとゲームが落ちたり、カクついたりするので。快適にプレイしたいならメモリを不足させるのはあり得ないです)

ちなみに、ストレージがM.2というめちゃくちゃ速いSSDなので、PCやゲームの起動がかなり速く、ストレスなく使えると思います!

ここまでやってるのはドスパラだけな気がしますね!

CPUやストレージは、無料アップグレード中とのことなので、もしかしたら時期によって変わるかもしれません

→GALLERIA XFはこちら!

ツクモ G-GEAR

TSUKUMO G-GEAR GA7J-D181/

スペック

  • CPU:Corei7-9700k
  • グラボ:RTX2070
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:240GB SSD + 2TB HDD
  • OS:Windows 10 Home 64bit

こちらもかなりコスパの高いBTOパソコンです!

CPU・グラボのゲーム性能は高く、メモリも標準で16GBです。構成を変える必要がなく買えばそのまま問題なく使えます

値段もドスパラと同水準で、SSDの保存容量が減る代わりにメモリが増えた印象ですね。

ツクモは保証対応がいいので、対応の手厚さを求めるならばこちらがいいと思います!

→TSUKUMO G-GEAR GA7J-D181/Tはこちら!

Ryzenを採用してコスパを上げたい場合


参照:AMD CPU Ryzen 7 2700 with Wraith Spire (LED) cooler YD2700BBAFBOX

CPUをIntelのCoreシリーズからAMDのRyzenに変えることで、コスパをさらに追及することが可能です。

おさえておいてほしいポイントは

  • 同じくらいのCPU性能で値段が安くなる
  • 動画、画像編集性能が上がる
  • Coreに比べて若干ゲーミング性能が低くなる
  • 一部、最適化不足で重くなるソフトがある

というようなところです。

問題となるのはゲーミング性能ですが、同ランク帯のIntelのCoreシリーズと比べて1~2割程度ゲーミング性能が落ちてしまいます。

一方で、動画や画像の編集など、マルチスレッド性能が求められる作業に関しては、基本的にRyzenのほうが優れています。

値段は2万円ほど安くなるので、動画編集などもしたい場合は、Ryzenを最大限活用できるでしょう!

TSUKUMO G-GEAR GA7A-C181/T

TSUKUMO G-GEAR GA7A-C181/T

スペック

  • CPU:Ryzen 7 2700
  • グラボ:RTX2070
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:240GB SSD + 1TB HDD
  • OS:Windows 10 Home 64bit

こちらは、Ryzenを採用しているBTOパソコンです!

先ほど紹介した2つのPCより、値段が2万円ほど安くなっています。

先ほどの2台のPCがやや予算オーバーかなという方はこちらを検討してみてください!

Ryzen7 2700ですが、先ほど紹介したようにゲーミング性能がやや気になるので

対策として、+3000円でRyzen 2700xという上位モデルにアップグレードすることで、性能アップをはかりましょう!

144Hz張り付きが厳しくても、設定次第で120Hz以上を出してくれるので、普通にゲームをする分には支障ないです。

→TSUKUMO G-GEAR GA7A-C181/Tはこちら!

RTX2080ライン

「いや、オーバースペックでも高性能を追求したい」

「ゲーム配信などもやってみたい」

という方は、RTX2080以上を選ぶのもありだと思います!

以下のような方は検討してみてください!

  • ゲーム配信や動画編集など、クリエイト活動をしたい
  • VRなど最新技術で遊びたい
  • ゲームは常に最高画質でストレスなく遊びたい
  • しばらくPCを買い替える必要なく最新ゲームを楽しみたい

GALLERIA ZG

GALLERIA ZG

スペック

  • CPU:Corei9-9900KF
  • グラボ:RTX2080
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB SSD(M.2) + 3TB HDD
  • OS:Windows 10 Home 64bit

十分すぎるほどのゲーミング性能があります。

フォートナイトならエピック設定で144Hz張り付き余裕です。

設定を落とせば240Hzでもプレイできるでしょう!

PC屋店員の友人曰く「VRゲームも楽しめるようになるレベル」とのことです。

このあたりが、VRやレイトレーシングといった最新技術にギリギリ手が届くラインです。

それらはまさに、CS機を何世代も先取りするゲーミングPCの特権なのかもしれませんね!

→GALLERIA ZGはこちら!

ちなみに、GALLERIA ZGはCPUもかなり高性能なものを積んでいますが、こちらをi7-9700kに落としてもゲーミング性能は十分です。

ゲーム用途メインの方は、CPUをワンランク落とした、GALLERIA XGなども候補に挙がると思います!

こちらは期間限定でCPUが無料アップグレードされていることがあるので、アップグレードされていたら間違いなく買いですね!

RTX2080tiライン

個人のゲーミング用としては最高峰に位置します、使い方によっては持て余すかもしれません。

これを超えるグラボもありますが、ベンチマーク狙いなど特殊な使い方をしないのであれば不要です。

以下のような方におすすめです!

  • ゲーム配信を本格的にやりたい
  • VRなどで本格的に遊びたい
  • FPSなどでPC性能による隙を少しも見せたくない
  • PCに割けるお金がたくさんある

極めたい人向けかなーと思います。

GALLERIA ZZ


GALLERIA ZZ

スペック

  • CPU:Corei9-9900KF
  • グラボ:RTX2080ti
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB SSD(M.2) + 3TB HDD
  • OS:Windows 10 Home 64bit

コスパを求めたいならこれですね!

とりあえずこれを買えば、普通に使う分に性能で困ることはないと思います!

配信など、ゲームと平行作業をするのであれば、メモリは32GBまで上げておくと安心です。

あと、CPU・グラボの性能に比例して発熱が増えるので、ファンは追加したほうがいいです。トップ・サイド両方つけましょう。

ゲームにおいても、PC性能で後れを取るということはほぼないでしょう。
お金がある方は攻める価値があると思います!

GALLERIA ZZはこちら!

まとめ

今回の記事のまとめです!

高性能PCを購入したら、周辺機器の中でモニターにだけはこだわってください!

モニターの性能が足りなくてPC性能を無駄にしてしまうともったいないです!

以下のような240Hz対応のモニターを買っておくと困ることはないでしょう!

それでは!

-APEX, Fortnite, ガジェット, 自作PC

Copyright© おしゃれギークへの道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.