ガジェットとゲームのブログ

おしゃれギークへの道

ガジェット 周辺デバイス

「Soundcore Liverty Lite」半年使ってみた感想・レビュー

投稿日:

こんにちは!

1年ほど前に、iPhone8に変えたタイミングで、イヤホンジャックが使えなくなり、有線のイヤホンからBluetoothの無線イヤフォンに持ち替えたんですが

  • コードが絡まないので動きを制限されない
  • かばんなどにしまう時すごく楽
  • 断線の心配がない

など、便利すぎて驚いています!

とりあえずお試しとして「Soundcore Liberty Lite」というBluetoothイヤホンを半年ほど使ってみたので、レビューしようと思います!

「Soundcore Liberty Lite」スペック

価格帯としては安めの部類でしょうか。
Blootooth イヤホンの入門用に位置付けられているようです。

  • Bluetooth規格:V5.0
  • 防水規格:IPX5(※「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されています)
  • 重さ 51g(本体○g)
  • 定価 6999円

注目したいのは重さと定価ですね!

重さは、充電ケース含めて51gと軽く、本体は片方5.5gです!(当サイト調べ)
つけていてもほぼ重さを感じません。

普段使いで、重さのストレスがないのは好印象です。

定価は、6000~7000円程度と、10,000円以上が普通のBluetoothイヤホンの中では、かなり買いやすいです。

使ってみての感想 

Soundcore Liberty Liteを使ってみての感想を書いていきたいと思います!

装着感

先ほども書きましたが、重さに関しては文句なしで、耳への負担はありません。

また、耳に触れる側が、耳の曲線にあった形になっており、自然にフィットします。これは他のイヤホンにはあまりない特徴で、気に入っています。

耳に合わせた形

コードがない事もあり、音楽を流していないときは、つけていることを忘れてしまうほどです。

シリコン製のイヤーチップは3種類の大きさのものがついてくるので、自分に合った大きさのものを使うことができます!

音質

低音が少し弱いですが、中高音はきれいに聞こえます!
普通に、POPSに焦点が当てられているような気がします

なので、通勤通学や、運動の時に、J-POPやロックを聴く人におすすめです!

アニソンとかも割とマッチすると思います。

重低音がきつくないのはメリットもあって、聞いていて疲れないんですよね、だから、日常的に使うならばこれくらいがちょうどいいと思います。

逆に、音の分解能、重低音、遮音性などを期待する人であれば、信頼のある有線イヤホンや、無線の中でもハイエンド機を購入すべきだと思います。

僕は、これの前は定番のSHUREのSE215を使っていたのですが、それと比べると音質はどうしても落ちてしまいます。

使い勝手

使い勝手については

  • 持ち運びの便利さ
  • 電池のもち
  • 防水

などについて話そうと思います。

持ち運びの便利さ

Soundcore Liberty Liteの大きさはこんな感じです!

  • ヨコ8cm
  • タテ3cm
  • 厚み4cm
丸みをおびたケース

Soundcore Liberty Liteを買うときに、ほかの色々なBlootoothイヤホンのケースを見てきましたが、その中でも最小レベルのケースです。

大きさはポケットに違和感なく入る程度、カバンの小さなポケットにも入るので、しまうところに困ることはないと思います。

ケースも全体的に丸みのあるものになっているので、ポケットに入れるときに引っかかりが気になることもありません。

持ち運び充電器の大手のankerだからこそ、充電機能付きのケースを小さく作れるのかもしれません。

電池の持ち

僕は、大体片道1時間半くらいの通勤をしています。なので、1日3時間くらいイヤホンを使っていることになります。

それくらいの使い方だと、土日と、平日のうち1日くらいは充電しないと、金曜日位に電池がなくなってしまうかな、という感じです。

僕は、通勤時間が長いほうかと思うので、通常の使い方であれば、土日に充電すれば、1週間はもちそうな印象です!

まあ、週に1回くらいの充電なら、気にならないのではないでしょうか。

ちなみに、Soundcore Liberty Liteのケースが丸ごと入れられる収納ケースがありました!

こういったもので、充電コードと一緒に持ち運べば、出先でも充電できるので、便利かもしれません!

防水

水かけても余裕です。こんな使い方はやめましょう笑

防水仕様になっているのも、便利です

小雨などを気にしなくて済むし、一番便利だと感じるのは、運動の時にも使えることです。

先ほども言いましたが、つけていても気にならないくらいの重さだし、ランニング程度の運動であれば、耳から落ちてしまうようなことはありません。

やってみてわかりましたが、やはり運動はBlootoothイヤホンが便利です

コードが絡まないから動きが制限されないし、音楽を流すiPhoneを汗をかいた手で触らなくてよくなります。

僕は、運動の時はいつもSoundcore Liberty Liteを使うようになりました。

音飛び、混線

Soundcore Liberty Liteを使っていて気になったのは、周りのblootoothイヤホンとの干渉をたまに起こすことです。

干渉が起こると、音が途切れ途切れなってしまって、聞いてる側としては気持ちよくないです。

他のBluetoothイヤホンを使っている時は感じないので、異常な人混みには強くないかと思います。

しかし、干渉が起こるような人混みとは、このレベルです。

  • 朝の新宿や品川など、日本トップレベルに混雑する駅
  • 駅員さんに押し込まれるような満員電車

まるで僕の通勤の悲惨さが浮き彫りになるような例ですね・・・笑

ここまでの人混みに遭遇するのは、都内に通勤するサラリーマンくらいかと思います。

なので、そのような人混みに遭遇しない人であれば問題ないですし、 干渉も人混みを抜ければ起こらないので、そこまで神経質になる必要はないのかな、と思います!

まとめ

Soundcore Liberty Liteについて紹介しました!

  • 軽く、装着感はとてもいい
  • 持ち運びに便利
  • 運動などにも便利
  • 他のイヤホンと若干の干渉を起こすことがある

通勤通学や運動にも使えるので、コスパのよいBlootoothイヤホンだと思います!

現在は、後継機としてSoundcore Liberty Neoという商品も出ているようなので、こちらは1000円安く、より買いやすい値段になっています!

それでは!

本記事はいかがでしたか?
細々とtwitterもやってますので、ブログが気に入ったらフォローしてもらえると嬉しいです!
アカウント→(@marokiti001)

-ガジェット, 周辺デバイス

Copyright© おしゃれギークへの道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.